So-net無料ブログ作成
GⅠレース結果 ブログトップ

2015年天皇賞(秋)!ラブリーディ快勝エイシンヒカリは逃げをうてず9着惨敗 [GⅠレース結果]

天皇賞(秋) 

 結果 1着 8ラブリーデイ

    2着 14ステファノス

    3着  16イスラボニータ


  久々の有力逃げ馬の参戦で注目された今回の天皇賞(秋)

  逃げ馬エイシンヒカリのレース内容は?ハナを想定外の馬クラレントが

  主張する意外な展開。そもそも逃げをうつことが難しい府中コースで

  エイシンヒカリが逃げを打てない形勢に持ち込まれてしまいました。

  自分のペースを主張できない逃げ馬ではここで勝負あった。

  2番手で先行するも後続を抜かせない強い競馬を打つことができずに9着敗退。

  2000mまでは適性はあっても今回のようにGⅠで相手が強くなるとさすがに

  厳しいレース。斤量58Kも逃げを打つ身にはつらいところでした。

  対照的に優勝馬ラブリーデイにとっては2000mは実力をいかんなく発揮できる

  土俵。直線に入っての足取りは他馬を寄せ付けず快勝しました。今回優勝で

  ラブリーデイは今年重賞6勝(内GⅠ2勝)と同期のキズナ、エピファネイアが

  引退し、ロゴタイプも不振の中輝きを増しています。順調にいけばJC、有馬記念と

  進むようですが快進撃を続けて欲しいものです。

  2,3着は大方の予想を裏切り大外の4歳馬が健闘。7枠からは人気薄の

  ステファノスが2着に入り、更に入着が難しいとされる8枠からイスラボニータが

  昨年に引き続き3着入着を果たしました。


   われらが予想マドンナ AKB48小嶋陽菜さんの3連単5頭ボックスは

   ラブリーデイとイスラボニータを挙げるもステファノスは無く的中なりま

   せんでした。しかし、今回話題の一翼エイシンヒカリは切り、大本命の

   ラブリーデイはしっかりと挙げ、大外不利といわれている8枠からの

   イスラボニータも挙げているところは唯の穴狙い系とは違いますね。

   次回予想に期待しましょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年宝塚記念はゴールドシップ15着敗退3連覇ならずラブリーデイがGⅠ初制覇 [GⅠレース結果]

第56回宝塚記念は波乱の幕開けとなった。

まずは結果から

1着 16ラブリーデイ  6番人気
2着 6デニムアンドルビー 10番人気
3着 1ショウナンパンドラ 11番人気



同一GⅠレースでの3連覇をかけてゴールドシップが

単勝1.8倍の人気を博し、今回はすんなりゲイトインした

同馬だが、スタートを待ち切れなかったか、ゲイト内で

立ち上がり大きく出遅れでの発進となった。

 この流れは最後まで立て直しは難しく。このところ

好走をしていたラブリーデイが直線力強く伸び優勝を決めた。

2着には猛烈な脚を使ってクビ差に迫ったデニムアンドルビー。

3着には内から伸びたショウナンパンドラが続いた。

8か月ぶりの出走となった菊花賞馬トーホウジャッカルは

追い込み届かず4着、5着は3番人気に推された

ヌーヴォレコルトだった。


ゴールドシップは15着敗退となり、2番人気に推されたラキシスは

8着に敗れている。

小嶋陽菜さんの予想はラブリーデイは予想に入っていたが、2,3着馬は

予想になく今回はハズレとなった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

第65回安田記念 結果 小嶋陽菜さん3連単予想3連覇ならず [GⅠレース結果]

第65回安田記念

結果は

 6モーリス 1番人気

 13ヴァンセンヌ 3番人気

 12クラレント  12番人気


 馬連では1番、3番人気での決着となり

 順当ともいえる結果だが、3着に12番人気の

 クラレントが粘り、3連単は127,190円となった。


 「うまズキ!」での予想はハウステンボス推奨の

  モーリスが当たり。


  小嶋陽菜さんは3連単予想の5頭中モーリスのみ

  の当たりで3連勝とはならなかった。


  レース展開

 ミッキーアイルを抑えてリアルインパクトがハナをとる

 展開、2番手にケイアイエレガントがつけ、3番手に

モーリスがつけて直線に向かい、ケイアイエレガントが

リアルインパクトに先行、坂の中盤でモーリスが抜けると

それを追う形になるクラレントをヴァンセンヌが猛然と

脚を使って抜き、先頭のモーリスに迫るかたちなるがクビ差

及ばず。モーリスが4連勝目をGⅠ制覇で飾ることになった。

2番人気のフィエロは3着クラレントに1馬身半差の4着と

なった。


 12番人気のクラレントが3着に入らなければ、上位人気

3番までの決着となったところだが、同馬が3着入着で

3連単は高配当となり、安田記念らしい結末を迎えたようだ。

牝馬で最後まで粘ったケイアイエレガントは5着まで。

武豊騎手と新コンビで臨んだカレンブラックヒルは7着だった。

海外GⅠを征して7歳ながら、本レースでの再勝利をめざし

先行して攻めたリアルインパクトは12着に敗れた。

また、昨年3歳時に2番人気に推され16着に敗れたミッキー

アイルは、今年も4番人気と期待を集めたが15着に敗れた。


 堀調教師はドゥラメンテの皐月賞、ダービーの2勝と今回の

モーリスの安田記念優勝で今年GⅠレースで3勝をあげている。

  
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

第82回東京優駿(GⅠ)結果!1番人気ドゥラメンテが圧勝の結末 [GⅠレース結果]

第82回東京優駿(GⅠ)結果

1着 14ドゥラメンテ 1番人気

2着 1サトノラーゼン 5番人気 

3着 11サトノクラウン 3番人気


ミルコ・デムーロ騎手騎乗のドゥラメンテが

1番人気に応えて見事に優勝。

2番人気に推された13リアルスティールは4着に敗れた。

GⅠレースで1番人気馬が7連敗中でしたが、ダービーで

連敗をストップした。


皐月賞では同馬の斜行で騎乗停止にもなったMデムーロ騎手だが

今回は非の打ちどころのない正々堂々たる力強い走りで他馬を

寄せ付けない脚で圧勝劇を演じた。

3連単の配当は14-1-11で15,760円となった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年オークス(優駿牝馬)優勝は3番人気ミッキークイーン!2着にルージュバック [GⅠレース結果]

第76回オークス(優駿牝馬)GⅠ

優勝はミッキークイーン 浜中俊騎手 鮮やかに差し切る

1番人気となったルージュバックは2着に敗れ、GⅠ1番人気は

7連敗中。しかし、今回の1番人気馬のルージュバックは一旦は

先頭に出たところミッキークイーンの標的となり、惜しくも勝利を

逃した。1番人気馬の連敗は続いているが、同馬により今春GⅠレースで

1番人気の初の連対を果たした。ミッキークイーンはディープインパクト産駒で

今回のレースの馬場、距離適性があったものと思われる。


 レース結果

  1着  10ミッキークイーン  3番人気

  2着  14ルージュバック 1番人気

  3着  17クルミナル     6番人気


  今回の3連単馬券の配当は20,150円となり、先週ヴィクトリアマイルの

  配当の1000分の1となった。先週の結果は確かに夢があるが、今回は

  万馬券ながら堅実と感じられる結果となった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

ヴィクトリアマイル2015年結果は大波乱にGⅠ史上最高額配当に [GⅠレース結果]

ヴィクトリアマイル速報


大波乱の決着。

1着は6番人気のストレイトガールが1番手で逃げ粘るミナレットを

捉えた12番人気のケイアイエレガントをゴール前にアタマ差押さえての

優勝を手にした。

結果 

 1着  5ストレイトガール  6番人気

 2着  7ケイアイエレガント 12番人気

 3着  18ミナレット     18番人気


 3連単の配当はGⅠ最高額の20,705,810円となった。


1番人気に推されたヌーヴォレコルトが6着に敗れ、今年のGⅠは


高松宮記念以来1番人気馬が連続で6連敗となっている。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年桜花賞!優勝はレッツゴードンキ!岩田騎手仕事人の腕が冴える! [GⅠレース結果]

今年の桜花賞は1番人気のルージュバックが9着に沈み、

単勝5番人気の6レッツゴードンキ(岩田騎手)が優勝した。

2着には7番人気の7クリミナル、3着には8番人気の1コンテッサトゥーレが

入り、波乱の結末となった。

単勝1.6倍の1番人気のルージュバックは9着に敗れた。

岩田騎手騎乗のレッツゴードンキは先行策をとり、逃げ切るかたちで優勝を

納めた。

 レッツゴードンキ、クリミナル、コンテッサトゥーレは前走チューリップ賞組でした。

牝馬として51年ぶりにきさらぎ賞(GⅡ)を征したルージュバックが注目を浴び

1番人気となっていたが、マイル初戦で不安視されていた。


 前評判では3戦3勝馬のルージュバック(マンハッタンカフェ産駒)と

 チューリップ賞優勝のココロノアイ(ステイゴールド産駒)が有力視されていたが、

 優勝はキングカメハメハ産駒のレッツゴードンキが優勝を決めた。

 4年連続で優勝馬を出してきたディープインパクト産駒であったが、今回は

 2着、3着までの結果となった。

春のGⅠ戦線初戦は波乱の幕開けとなったようだ。
GⅠレース結果 ブログトップ