So-net無料ブログ作成
芸能ウオッチ ブログトップ

ピース 又吉直樹先生!堂々の芥川賞受賞 [芸能ウオッチ]

お笑いコンビのピース 又吉直樹氏(35)が

書いた小説「花火」と羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・

ビルド」が16日、第153回芥川賞(日本文学振興会主催)を

受賞した。都内で選考会が行われ、6候補の中から受賞を射止めた。

これまで、芸能界からはミュージシャン、辻仁成が「海峡の光」(97年)

同じく町田康が「きれぎれ」(00年)で同賞を受賞しているが、

お笑いタレントの受賞は初めての快挙。(日刊スポーツ)

 1回目の投票でトップの票を獲得しての堂々たる受賞だった。

9人の選考委員を代表して会見した作家山田詠美氏は「どうしても

書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。欠点も多々あるが、

何か強いものを感じて、主人公と先輩とのまさに火花がよく書けて

いた」と選考理由を語った。

 又吉氏の「火花」は今年5月、同じく純文学作品を対象にした

三島由紀夫賞の候補にもなり、決戦投票に残って話題になった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「本能寺の変」がリズムネタに?異色『エグスプロージョン』歴史ダンスが話題に [芸能ウオッチ]

「本能寺の変」

リズムネタとして新たに脚光をあびている

『エグスプロージョン』というダンスユニットがある。

織田信長を家臣の明智光秀が討った歴史上の出来事を

軽快なリズムで現代風?に伝える内容だが、これが一度

聴くと妙に耳について離れない。実にクセになるリズム。


今年の3月末に「踊る授業シリーズ」【踊ってみたんすけれども】

第1弾として、「本能寺の変」というタイトルの動画がYouTube上に

アップされた。

動画の中で、本能寺の変とは「織田さんが家臣の明智にシバかれる話」

「どうして~?どうして~?どうして織田はシバかれた~ん?」と

コミカルに説明した歌に合わせて学ラン姿の男性ふたりがダンスを披露して

いる。「本能寺の変、本能寺の変・・・」と連呼するサビ、そして無表情

ながらダンスはキレキレというギャップが中毒性を持つようで、わずか

3カ月足らずで動画の再生数が300万回を突破し、現在は既に400万回を

超えている人気ぶり。

 この「本能寺の変」を踊る、おばらよしおとまちゃあきの男性ふたり組

『エグスプロージョン』とは何者なのか?一見お笑いユニットかと思わせる

ふたり組だが、実は彼らはお笑いコンビではなく、ダンスの指導や、森山

直太朗はじめ数々のアーティストの振り付けを担当するプロのダンスユニット

なのだ。

「踊る授業シリーズ」を始めたのは、歴史好きのまちゃあきが「歴史の面白さを

わかりやすく伝えたい」と考えたから。

同シリーズは第2弾、第3弾として、「ペリー来航」、「島原の乱」が

現在公開されている。

 この「ペリー来航」ではトレンディエンジェルの斉藤さんとのコラボ作品と

なっている。

「歴史を覚えるのが苦手だったのですが、これを見て覚えることが

できました」

「楽しく学べるということは、とても素晴らしい!」

などとコメントが寄せられているようだが、学ぶというほどの史実の

内容ではないが、確かに耳について離れない妙な中毒性があり、

8.6秒バズーカの「ラッスンゴレライ」に続くメジャーヒットと

なるのだろうか。

噂の「本能寺の変」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

AKB総選挙の放送に批判殺到。問われるCM放送の節度とタイミング [芸能ウオッチ]

AKBの総選挙の中継に関しての批判がやまない。

スピーチの途中に次々とCMが入るイライラ感。

会場よりもお笑いタレントらによるスタジオ順位予想を

メーンにした番組構成など。4月改編で「生」「ライブ」

への回帰を打ち出した同局だが、演出過多で肝心の臨場感が

薄まってしまった。


中継は、下位グループのうちに大量のCMを固め打ちして

備えていたにもかかわらず、メーンイベントであるベスト16

発表が最もCMの影響を受け、ドタバタな展開になって

しまった。

 中でも気の毒だったのは、”神7”と呼ばれるエース級の

あたりで、腰が抜けた状態でステージに向かった5位の松井

珠理奈は、悔し涙で「正直悔しいです。でも・・・」のタイミング

でCMに切り替わってしまった。6位の山本彩のスピーチは

2回CMに見舞われた。4位高橋みなみの時には前田敦子が

花束を持って駆け付けるサプライズ演出もあったが、これもCMで

放送されなかった。CM明けに時間差のディレイ放送で様子が

伝えられたが、3位の発表が始まるタイミングでばっさり終了。

3位の渡辺麻友は「時間ないですよね」と空気を読んで、スピーチを

切り上げていた。


 最近のテレビ放送の中でのCMの存在が場面場面であまりに

細切れに大量投入される現実に多くの視聴者は辟易している。

ライブであれば尚更ガックリ感が強まる。

ドラマなどは録画してCMを飛ばせばかなり時間の節約ができる。

ライブでその場の状況をタイムリーに知りたいと思っている

視聴者の気持ちに配慮した放映に取り組んでもらいたいと切に願う

ところである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

人造人間NOZOMIN!人気急上昇中!必殺ヒジビーム炸裂 [芸能ウオッチ]

ナンセンス 脱力系CM

佐々木希さんがコスプレヒロインに挑戦。

ロッテクーリッシュのCMで改造人間NOZOMINとして

必殺技を繰り出す。その技の発射部位について

バカリズムさんがつっこみを入れる。

ヒジビーム!!  どっからだしてんだ?

テレビで今のところ見かけるのはこのヒジビームの

発射シーンまで。OLの佐々木希さんがクーリッシュを

持って現れそのヒジの突っ張りぶりにおののく

バカリズムさん クーリッシュで寛ぐという展開。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

田辺誠一画伯がモネ展のオフィシャルサポーターに・・・かっこいい [芸能ウオッチ]

俳優の田辺誠一氏が「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」の

オフィシャルサポーターを務めることになり、21日の記者発表会に

登場した。LINEスタンプの「かっこいい犬」で注目を浴び。

このところ「画伯」と呼ばれ、個性的なイラストが人気を呼んでいる。

「自分が描いた作品をいっぱい見てもらえたり、仕事の依頼を受けたり

するとは全く予想していなかった。ありがたいですね」と述べた。


若いころから「画家になろうと思ったことが無い」そうだが、「最近になって

から、中学の美術の先生が『この子は美大にいかせなさい』と父に言っていた

ことを知った」とか。

「美術の方は就職が大変だからと、伏せていたんだと思います」と、父親の心境を

推し量っていた。

LINEスタンプ「かっこいい犬」が人気を集めているものの、その収入は

「多少です。実際は『2桁万円』に届くかどうか」。俳優と「画伯」の仕事の

バランスについては、「俳優だから絵を見てもらえる面があると思う。本業の

俳優を頑張らなければ」との考えを示した。


 発表会では、スイレンに乗ったモネを「5分くらいでサクッと」描いたという

「かっこいいモネ。」を披露。「モネの優しさ、おおらかさをイメージした。

あれほどスイレンを描いているので、1回は乗ってみたいかなと思って」と

制作意図を説明した。同展は9月19日開幕。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

瀬戸サオリさんがジャングルポケットの斉藤慎二さんと交際宣言 [芸能ウオッチ]

タレントの瀬戸サオリ(27)が19日、自身のブログを

更新。お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(32)と

交際していることを明らかにした。

「優しさや思いやりをたくさんもらう日々で私にとって、とても

かけがえのない人です」とのろけた。

競馬の仕事で知り合い交際が開始したというお二人。

瀬戸さんは

「私、瀬戸サオリはジャングルポケット斉藤慎二さんと

お付き合いさせていただいています。私の大好きなファンの

皆さんと出会うキッカケとなった競馬。その競馬のお仕事を通じて

知り合うことができました」と報告。

「人を笑顔にする芸人さんという、とっても素晴らしいお仕事。

どんな時も一生懸命で、お仕事に対する姿勢や人間性すべてが

私の尊敬する人です」とゾッコンのようだ。

「皆さんに私たちのことを今まで以上に応援してもらえるように

温かく見守っていただけると、うれしいです」と呼び掛けた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SNSの会員募パンチ佐藤氏の月額会費が10万円で注目を浴びている [芸能ウオッチ]

SNS(Social Networking Site)とは

SNSとして有名なのもは

Facebook

Line

Twitter

Instagram

などという人と人とのつながりを促進、サポートする、

コミュニティ型のWebサイト。

知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供

したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の

友人」というつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を

提供する、会員制サービス。


このサービスを有名人が立ち上げて、会員を募集し人気を

博しているSNSもあります。

「athlete club」はフェイスブックのグループ機能を利用、

トップアスリート・文化人が有料会員に対して双方向で対話し、

そのノウハウなどをダイレクトに伝えるサービス。月額は発信者に

よってそれぞれ違い、レンジャーズのダルビッシュ投手が1万1千円

で設定していることが話題になりました。

ダルビッシュ投手はその金額について、ツイッターで「自分の持って

いるノウハウなどを満遍なく出していく」と、クオリティーの高さに

自身を示しました。


パンチ佐藤さんが会費を10万円に設定して話題になっています。

プロ野球評論家でタレントのパンチ佐藤さんが13日、テレビ朝日系

「グッド!モーニング」(月~金曜日4時55分)の取材に答え、

一対一の飲み会にも応じる姿勢を明らかにしました。

高額設定した理由について「僕は100人も1000人も相手にできない

ので、本当に困った人にがっちり全身全霊でぶつかっていく」と説明

しました。

目標は、「悩みのある人は少ないほうがいいので『0』」、開設1日後の

12日現在では、まだ登録者は「0」でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

2015年東京オープンボディビル選手権でオードリー春日さん5位入賞果たす [芸能ウオッチ]

お笑いコンビのオードリーの春日さん(36歳)が

5月10日東京都内で行われた「第23回東京オープン

ボディビル選手権」大会の75キロ級に出場し、5位入賞を

果たした。

 昨年は75キロ超級で出場したが、8人中7位で予選を敗退した。

一年かけて、体を鍛え79キロから4キロ落として75キロ級に

下げて出場した。

 見事な肉体を披露しつつもエンターテイナーとしても存在を

アピールし、規定のポーズの中に「トゥース」「カスカスダンス」

「鬼瓦」とおなじみのポーズを取り入れて会場を沸かせた。


 筋肉を鍛える影には彼の倹約精神が反映しており、鍛えないと

筋肉が落ちてしまう ということから、筋肉を落とさないよう

日々の鍛錬をしたという。15年間も風呂なしのアパートで

暮らしているが、ジムにはシャワーもあり助かるという

倹約ぶり。


なお、同大会では同じクラスで肉体派芸人の きんに君が初出場。

筋肉系はお手の物で予選、決勝とひょうひょうとポーズを決めて

見事2位を獲得した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ダウンタウン松本人志の肉体が実は凄い!意外な筋肉マンキャラに絶賛の声 [芸能ウオッチ]

松本人志氏のガッチリボディに称賛の声


ダンウタウンの松本人志(51)氏が4月15日に放送された

「水曜日のダウンタウン2時間スペシャル」に出演。

覆面レスラー エル・チキンライスとしてメキシコから来た

レスラーを演じた。

今回の趣旨は「松本人志がメキシコからきた謎のマスクマンとして

プロレス会場に登場してもバレない説」を検証しようというもの。

3月中旬、埼玉県内で行われたプロレス団体「ドラゴンゲート」の大会。

「エル・チキンライス」としてセコンド役をこなすというミッションを

与えられたが、持ち前のセンスでリング際での雑用はもとより、場外乱闘

などでも相手セコンドに自然な牽制攻撃をしかけ、凶器を渡す場面でも

ギャグセンスがひかり試合を盛り上げていた。

予定として聞かされていなかった新人レスラー紹介でのアドリブでは

残念なパフォーマンスが番組的には逆に受ける結果で、プロレスラーと

して十分に溶け込んでいた。

 しかし、視聴者を最も驚かせたのは、松本氏の51歳とは思わせない

立派な筋肉質の肉体だっただろう。新人レスラーとして紹介の際にTシャツを

脱ぐことになり、まさかの肉体を披露することになった。

漫才キャラクターからは想像がつかない肉体で、他の外人レスラーに引けを

とらないどころか、一番しっかりしてるとインタビューを受けた多くの人が

反応していた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
芸能ウオッチ ブログトップ