So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪都構想!投票結果1万741票差で廃案へ [政治]

大阪都構想は否認


橋本徹大阪市長(大阪維新の会代表)が掲げた「大阪都構想」の

是非を問う住民投票が17日に行われ、1万741票差で反対多数と

なった。都構想は廃案となり、大阪市は政令指定市として存続する。

橋本氏は同日夜の記者会見で政界引退の意向を表明。安倍政権がめざす

憲法改正への戦略も含め、今後の国政の動きに大きな影響を与えそうだ。

当日有権者数は210万4076人で、投票率は66.83%だった。

今回の住民投票は2012年に成立した大都市地域特別区設置法に基づき、

今年3月に大阪府、大阪市の両議会で承認された都構想案(特別区

設置協定書)への賛否が問われた。大阪市をなくし、市の仕事を新設

する五つの特別区と府に分けて、市と府の二重行政解消をめざした。

反対派は、指定市が持っていた権限や財源が府に吸い上げられ、住民

サービスが低下すると批判してきた。



 ○負けた原因は何だと分析しているか

 橋本氏 「僕自身に対する批判もあるだろうし、都構想についても

 説明不足だったということだと思います。」


 ○都構想が反対多数となった場合、政治家を退くと発言していた。

  その思いに変わりはないか

 橋本氏 「市長の任期はやり遂げるが、政治家はもうやりません。

   弁護士といいう肩書はありますから。維新の弁護士としてやらせ

   てもらえませんか、とは言っている。まだ明確な答えはもらえて

   いませんが・・・。任期満了までの市政については、色んな課題が

   あるが、自民や公明とも話し合って進められるものは進めていきたい」


 
  今回の新しい都構想の提案。政治的な取り組みとして大変意義のある

  ものであったと感じられる投票内容だった。といえると思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース