So-net無料ブログ作成
検索選択
テニス ブログトップ

錦織圭82年ぶりの快挙!全仏初のベスト8進出果たす [テニス]

テニスのグランドスラムである全仏オープン

(フランス/パリ、レッドクレー)は31日、男子

シングル4回戦が行われ、四大大会初優勝を狙う第5

シードの錦織圭(日本)が世界ランク74位のT・ガバシュビリ

(ロシア)を6-3、6-4、6-2のストレートで下し、全仏

オープン初の準々決勝進出を果たした。さらに、日本

男子で1933年の同大会でベスト8進出した佐藤次郎

以来となる82年ぶりベスト8入りの快挙を達成した。

今回錦織がベスト8進出を果たしのは日本勢では5度目の

こと。佐藤次郎が1931年と1933年に2度、女子では沢松

和子が1975年に、さらにクルム伊達公子が1995年に準決勝

進出している。


また、昨年の全米オープン、今年の全豪オープンに次いで

グランドスラム3大会連続のベスト8進出となった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全仏オープン錦織圭選手クレー巧者ベルッシに快勝! [テニス]

錦織選手

日本勢初の四大大会制覇を狙う、男子シングルス第5

シードの錦織圭(25)(日清食品)が、2回戦で世界

ランキング40位のトマス・ベルッシ(27)(ブラジル)

を7-5、6-4、6-4でストレート勝ち。

4回戦に進出した13年以来、2年ぶりに進んだ3回戦では、

同ランキング48位のベンジャミン・ベッカー(33)(ドイツ)

と戦う。


最後は鮮やかなサービスエースで決め、錦織が笑顔でガッツポーズ。

188センチのサウスポー、ベルッシとは07年にクレーでの下部

大会で対戦し、フルセットの末に敗れていたが、この日は1回戦に

続くストレート勝ちで世界ランキング5位の力を見せつけた。


「タフな試合に勝ててホッとしています。彼はクレーで調子も

良くて強い選手だったので、いつもよりちょっと緊張はありました。

長いストローク戦になるのはわかっていたので、なるべく前に出たり、

いつもより変化を加えてやるよう意識していた。どっちに転んでも

おかしくない1セット目をぎりぎりブレークできて取れたことがリズム

につながったと思います」と話した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
テニス ブログトップ