So-net無料ブログ作成
検索選択

静岡がんセンター循環器内科部長逮捕!強盗致傷の疑いの裏に妻の浮気か? [事件]

静岡がんセンター

妻の知人に暴行を加えて金銭を要求したとして三島署は

13日、強盗致傷の疑いで県立静岡がんセンター(長泉町)の

循環器内科部長の男(47)(三島市南町)を逮捕した。

逮捕容疑は同日午前1時ごろ、同市南町の路上で同市の男性会社員(40)を

土下座させ、脇腹を蹴るなどして打撲などの軽傷を負わせ、近くの

駐車場で刃渡り約10センチのナイフを突き付け、「50万円持ってこい。

殺すぞ」などと金銭を要求した疑い。

 同署によると、容疑者の男は事件直前にトラブルになった妻から

スマートフォンを取り上げ、無料通信アプリ「LINE」で妻になり

すまして男性を呼び出した。容疑者と男性は初対面だったという。

男性からの110番で、駆け付けた署員が付近の路上で容疑者を発見した。

容疑者は「妻が浮気をしていると思い、カッとなった」と容疑を認めて

いるという。

 同センターの院長は「大変遺憾であり、申し訳ない。捜査の結果を待って

厳正に対処したい」とのコメントを発表した。

 同センターによると、容疑者は2004年7月に循環器科副医長として

同センターに着任し、10年4月に循環器内科部長に就任した。同センター

事務局の担当者は「勤務態度に問題はなく、一生懸命だっただけに驚いている」

と話した。


 まさかの社会的地位もある人物の激情からの犯行。医者として冷静に

判断ができなかったのは本人も痛恨の極みに違いない。事実関係は不明だが、

よほど妻を愛していたが故の事件。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース